他の方法で探す有効求人倍率が高い業界の求人

【おすすめ記事】給与アップが見込める「飲食」

その他の方法で探すなら

その他の方法で探すなら

転職エージェント以外で仕事を探すなら

有効求人倍率を参考に転職したい業界を決めたら次は転職活動です。そこで問題になるのが、転職活動をどの方法で進めていくかということですよね。転職エージェント以外の方法も模索してみたいなら、転職サイトもおすすめですよ。今すぐ転職じゃなくとりあえずどんな求人があるか見てみたいときは、転職サイトで公開されている情報をチェックしてみてください。業界や職種、雇用条件など、細かい条件から求人を絞り込んでおくと探しやすいですよ!ただし、応募するとなると書類作成や面接準備の情報は自分で集めなければならないので、情報収集には少し時間がかかるかもしれません。

地元で働きたいならハローワークもおすすめ

地元の仕事を探したいなら、ハローワークもおすすめですよ。ハローワークは全国にあって、その地域の中小企業の求人を中心に取り扱っています。失業保険の手続きだけでなく、職業訓練を無料で受けられるなど求職者に嬉しいサービスがいろいろあります。

求人の見極め方

求人に応募するかどうかを決めるのは求職者です。つまり、アタリを引くのもハズレを引くのもすべて自分の責任です。とりあえず良さそうだからとよく確かめることなく応募してしまうなら、希望とはかけ離れた転職になってしまう可能性があります。ポイントは、求人情報の募集要項を深く読み込むことです。よくよく読んでみると、その企業が欲しい人材像が少し見えてくるはずなんです。年齢や性別不問でも、若手職員や女性職員を求めている雰囲気が見えてきたりします。企業側が求めている人材像をしっかり見極めた上で求人を選択していけば、採用の確率を上げることができますよ。

ブラック企業はどう見抜けばいい?

求人情報では魅力的に見えた会社でも、実際入社してみたらブラックだったなんて話をよく聞きますよね。残念ながらこれは事実で、世の中にはブラック企業が一定数存在するものです。求人に「我が社はブラックです」なんて書く企業はもちろんいないので、求職者のほうでしっかり見極めていかなければならない問題です!そこで参考にしたいのが「離職率」「求人の再掲率」「条件の詳細さ」「産休・育休実績などの記載の有無」です。離職率がわからなくても、求人の再掲率が高ければ人が定着しない企業であることはなんとなく想像できますよね。条件を細かく記載しないということは、魅力的な条件がそもそもないという意味にもとれるわけです。そんなふうに少し掘り下げて考えればウラが見えてくることもあるので、求人情報はぜひ深読みしてみてくださいね。

有効求人倍率とは

転職・就職活動に役立つ「有効求人倍率」の見方と、有効求人倍率からみたおすすめの業界などを紹介しているサイトです。 お問い合わせに関してはこちらまでご連絡ください!