有効求人倍率でみるおすすめの業界「営業」

【おすすめ記事】有効求人倍率って何?

求人が増加傾向にある「営業」

求人が増加傾向にある「営業」

営業職はチャンスがいっぱい

営業職の有効求人倍率はどんどん増えていて、業界・業種を問わず人材が求められている状況です。どんな事業でも営業がなければ売り上げにならないので、たとえ景気が悪化してもなくならない職種という安心感がありますよね。新卒を採用して1から育成するとなると時間がかかることから、ある程度の経験がある若手を中途採用するケースも多いんですよ!営業を強化することが事業の強化に直結するわけですから、優秀な営業職なら転職のチャンスは無限大です。

業界ごとの傾向をチェック

では、業界ごとの転職状況を簡単に見ていくことにしましょう。建設・不動産業界は選択肢がたくさんあって、中古物件の売買やリノベーション、リフォーム、スクラップ&ビルドなどさまざまなジャンルの企業が採用活動を活発化させています。製造業界では、自動運転の分野へのシフトチェンジの動きが目立ってきているようで、新たなステージに対応できる営業職の求人が増えてきています。これに関連して、ソフトウェア関係の企業の求人も急増中です。
教育・人材サービス業界では、人材派遣や人材紹介、アウトソーシング系の求人が数多くあります。その中でも、医療や福祉分野の営業職の需要がどんどん高くなってきているような状況です。数ある業界の中でも採用活動がとにかく活発なのが、通信サービス・情報処理系の業界です。人材不足であることから、年齢に関係なく好条件の転職ができる土壌があります。年齢層が幅広いといえば、営業・販売業界です。都心の企業で営業マネジメント経験を積んだ人のUターンやIターン転職を狙った求人も多いんですよ。

20代の営業職経験者のキャリアアップ法

20代は変化についていくだけの柔軟性とエネルギーの両方が武器になる世代です。この世代のうちに企業でいろんな経験を積んでおくことで、30代以降の社会人人生がずいぶんと違うものになるはずです。
営業職としての経験を生かして転職したい20代なら、企画力やプレゼンテーション力、コミュニケーション力を強みにキャリアアップするチャンスがゴロゴロ転がっていますよ!そこにマネジメント力まであればさらに有利です。ただし、業界や職種によって売りたいものや売り方がまったく違うので、前職の営業経験がそのままどこでも通用すると考えるのは危険です。
キャリアアップ転職を成功させるコツは、前職の経験をうまく生かすことです。間違っても、前のやり方に固執してそれを引きずることのないようにしましょう。そのためには、自分の希望する条件やスキル、目指しているキャリアを正しく理解した上で、その内容にマッチする求人を見つける必要があります。

有効求人倍率とは

転職・就職活動に役立つ「有効求人倍率」の見方と、有効求人倍率からみたおすすめの業界などを紹介しているサイトです。 お問い合わせに関してはこちらまでご連絡ください!